So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク
未来予言 ブログトップ

2014年 日本の未来予言 [未来予言]

○2014年という時期にあって。

2014年と書いたけれど2014年の終わりに書いているだけであって、これから100年くらい先のことを予言するわけだから、十年後くらいまでは「日本の未来予言」として通用しそうです。

何個当たっているか?

では書いていこうと思う。

○日本は財政破綻する
富裕層は国外に逃げることに成功するが、多くの日本人は日本に取り残される。

国が財政破たんすると何が問題なのか、と思う方もいるかと思うが、
私知は意外と国に守られている。
「平穏な生活」には国の援助が欠かせない。お金持ちは国に頼らなくてもいいかもしれないが、庶民は違う。
ちょっとでも働けなくなったら国に助けてもらう必要がある。
例えば、
医療保障制度が消える
・警察、消防も雇えない
・建造物が管理できなくなる(今の日本でもすでにみられる現象だ)
・生活保護が無くなる

ちょっとしたことで躓いたら、人々が死にゆく環境になるということです。

日本は百年後に像いう状態になる。
日本円は紙くず同然となる。日本円しか持っていなかった金持ちも路頭に迷うことになる。

○別のパターン

もう一つの未来も見える。

中国が日本を買う、という未来だ。
この場合、アメリカも中国に買われている。

国が金で売買されるというのもおかしな話だが、核兵器が開発され戦争が勃発すればだれも生き残れないという現実があるため、戦争という手段には各国も出れない。百年後には、強毒の生物兵器も開発されている。

武力ではないとすると、やはり金の力だ。

日本が紐付き支援した国々が日本を助けようと出資するが、微量な量なのですぐに頓挫する。
莫大な資力を持った中国が日本を買うという未来が見えるのだ。

この未来は中国が順調に成長した場合である。
2014年現在の中国の経済成長の勢いは止まらないが、この勢いは衰える。
しかし、中国のかじ取り次第では今後も経済成長は続いていくだろう。

150308_kumamotojo-540x360.jpg
○まとめ
大きく二つの流れになるが、日本が苦しい立場であることには変わりはない。
海外移住など今から検討してみてはどうだろうか?

未来予言 ブログトップ
↓これで結果出しました。全額返金保証つきの今、ぜひ試してみるです↓
ソースファイルの軽量化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。