So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク
老老介護 老老相続 ブログトップ

老老介護の次は【老老相続】・・・その意味と打開策 [老老介護 老老相続]

老老介護の次は老老相続・・・その意味と打開策
本日は11月20日付の毎日新聞から投稿致します。
よろしくお願いいたします。


【介護だけではない 見えてきた「老老相続」】

超高齢化が進む日本の社会では、いわゆる「老老介護」(高齢者の介護について、同じ高齢の親族などが面倒をみなければならないこと)の問題がよく知られている。
これと同様の現象が相続の現場でも起こっている。高齢の親や配偶者、兄弟姉妹などが亡くなって、その遺産を高齢の相続人が引き継ぐパターンが増えてきている。



2013年は、相続時に「亡くなった人が90代以上」というケースが約24%に達し、60代や70代の数字を軽く上回る結果となっている。故人の年齢がそこまで上がると、子ども世代も60代、70代以上となる。その年齢で相続を受けて、資産の有効活用ができるのか。親の残した資産を頼みにするのも不甲斐ないが30代や40代の子育て世代に親に遺産が渡ることによって、子への投資(有効活用の例)にもなるのではないだろうか。


本日は以上です。
お読みいただきありがとうございました!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
老老介護 老老相続 ブログトップ
↓これで結果出しました。全額返金保証つきの今、ぜひ試してみるです↓
ソースファイルの軽量化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。