So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク
世界の工場 中国 陰り 「労働コスト」 日本逆転 ブログトップ

【世界の工場、中国に陰り 「労働コスト」日本を逆転】 [世界の工場 中国 陰り 「労働コスト」 日本逆転]

世界の工場 中国 陰り 「労働コスト」 日本逆転
本日は12月6日付の日経新聞から投稿致します。
よろしくお願いいたします。

【世界の工場、中国に陰り 「労働コスト」日本を逆転】
中国の人件費は年1割程度の上昇が続き、日本貿易振興機構によると工員の平均月給は北京が566ドル(約7万円)、上海が474ドルとなった。2千ドル超の日本を大きく下回るが、生産性も加味した単位労働コストで比べると様相は変わる。SMBC日興証券の試算では、日中のドル建ての単位労働コストは1995年時点では日本が中国の3倍以上だった。ところが、その差は次第に縮小し13年に中国が日本を逆転。14年は中国が日本を引き離している。



ベトナムに生産所を移す企業、日本国内のみで勝負する企業など、中国から離れる企業が増加しているようだ。「生産性も加味した労働単位コスト」という基準は具体的にどのようなデータを用いているのか、中国の労働賃金の上昇の背景には何があるのか気になった。

本日は以上です。
少し長かったですが、最後までお読みいただきありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
世界の工場 中国 陰り 「労働コスト」 日本逆転 ブログトップ
↓これで結果出しました。全額返金保証つきの今、ぜひ試してみるです↓
ソースファイルの軽量化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。