So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク
倒産減の裏 ゾンビ企業 金融円滑化法 結末 ブログトップ

倒産減の裏に「ゾンビ企業」 金融円滑化法の結末 [倒産減の裏 ゾンビ企業 金融円滑化法 結末]

倒産減の裏 ゾンビ企業 金融円滑化法 結末
本日は12月16日付の日経新聞から投稿致します。
よろしくお願いいたします。

【倒産減の裏に「ゾンビ企業」 金融円滑化法の結末】

リーマン・ショックとその後の急激な円高で製造業の下請け企業を中心に資金繰りに窮する会社が続出。バブル崩壊後に次ぐ倒産急増となった。事態を重く見た当時の民主党政権は企業の借り入れに対して返済を猶予する円滑化法を導入。「モラルハザードを引き起こす」と反発する声もあったが、それを押し切ってのことだった。期限付きだったものの2度延長。13年3月に終了するまでに円滑化法を活用した企業は約40万社におよんだ。



円滑化法は終了後も監督官庁である金融庁の影響力が続き、再建のめどが立たない企業を温存している面があるようだ。六年連続で、企業の倒産数が減っているが、存続している企業が競争力のある企業なのか疑問が残るということがわかった。
--
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-YUKI_kodomookane15144623-thumb-1000xauto-18876.jpg
本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
倒産減の裏 ゾンビ企業 金融円滑化法 結末 ブログトップ
↓これで結果出しました。全額返金保証つきの今、ぜひ試してみるです↓
ソースファイルの軽量化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。